▼・ェ・▼にっき。

ゲームをこよなく愛する▼・ェ・▼のメインBlogデス

▼・ω・▼の心境の変化

 

 

f:id:bless-you:20190118151849p:plain


 

 

ダラダラとグラブル復活までの軌跡について呟きマス。

 

 

はじめてのグラブル

 

 

www.xn--28j2a0gvbiy.com

 

 

メインBlogで確認してみたらば、

2015年の7月頃、初めてグラブルの世界に降り立っていた模様。

 

UOで知り合い、そこから長年の付き合いとなった4人組。

あちこちの別ゲーを味見しながらも、たまに集いつつ楽しんでいた頃。

 

 

垢ごと削除するまで

 

 

www.xn--28j2a0gvbiy.com

 

 

色々悶々とし、自分を模索し始めた頃。

一つでもモヤる何かを減らそうと、

要因の一つであったグラブルを断捨離しようと心に決めたものの。

魅惑キャラに後ろ髪をガッツリ掴まれ、見事に敗北に帰す。

 

 

 

www.xn--28j2a0gvbiy.com

 

 

それでもやっぱり。

根本的な問題が解決してないのだから続かない。

良い子ぶって自分を宥めすかしたところで、

オッパイキャラくらいじゃ誤魔化しきれなかった。

どうにも耐えられなくなって、アカウントごと削除に至る。

 

 

 

何が問題だったのか

 

 

周りの人が悪いわけじゃない。

 

 

そんなコトは、理屈では解り切ってた。

自分の捉え方に問題がある。

それでも苛立って怒りが噴出しそうになるのは何故だったのか。

 

 

世の中には、それこそ星の数ほど様々な人がいる。

 

 

目標に向かってひたすら走るのが得意な人もいれば、

寄り道をしながら景色を楽しんで歩くのが好きな人もいる。

 

どんな人とも仲良くワイワイと楽しむのが好きな人もいれば、

独り静かに黙々と取り組む方が能率的な人もいる。

 

 

一人の人でも、その時々によってどちらかの自分が顔を出すコトもある。

 

 

他人のコトは理解できるのに「自分」のコトは、スッコリ抜けていた。

周りにばかり意識を向けて、自分の気持ちを蔑ろにしてた。

だから、あんなにも苛立ちと怒りが噴き出してた。

 

 

今回の断捨離で強く感じたのは

 

『揺るがない自分』 をしっかり守らないとだなぁ・・。

 

ということ。

 

グラブルを垢ごと消去した時に至った心境。

 

でも。

「揺らいでもいい」

「揺らぐ時だってある」

 

自分に厳しくダメ出しをする人は、他人の言動にも厳しくなりがち。

そんな時には、どんな自分にも「ok」を出す練習を積み重ねる。

自分に甘過ぎて怠惰な人は、自分を律する練習を積み重ねる。

 

 

全ては陰陽で在り、中庸で在るコト。

どちらかだけでは成り立たず、どちらでも在り、どちらでも無い。

 

 

あれから2年近くかけて、周りじゃなく自分自身に向き合ってきた。

向き合ってしまえば、なんであんなに苛立っていたのか不思議になるくらい。

ほとんどのコトが、どうでもよくなってしまった。

おかげで今は、どのゲームも純粋に楽しむコトができるようになった。

 

 

「どうでもいい」と言うと乱暴に聞こえる人もいるかもしれない。

もう少し丁寧に言い換えれば、「どちらでもよい」「どちらもよい」

 

 

課金濁? いいじゃない。

無課金縛り? いいじゃない。

 

最つよ目指す? いいじゃない。

まったりストーリーを楽しむ? いいじゃない。

 

寝る間も惜しんでゲーム? いいじゃない。

健康に気をつかってリア充? いいじゃない。

 

 

自分の在り方に満足していれば、周りのコトなんて気にならなくなる。

周りに対して批判的になる時は、自分の中の何かが反応してるだけ。

その「何か」を見つけて向き合ってしまえば、再び純粋に楽しめる時が戻ってくる。

 

 

そして、これらは他の誰かが教えてくれるわけでも、何とかしてくれるわけでもなく。

自分自身で「気付く」しかないというコト。

 

 

そんな感じに至りましたの心。

 

 

さ。

お空の世界を自分なりに楽しんでこ! ٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

 

 

 

 こちらも合わせて御覧頂けたなら幸いでございます。

dara-blue.hateblo.jp

  

 

 

 

ってところで、今日はおしまいデス。
どなたさまも素晴らしいグラブルライフを! *ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

 

 

゚*。.ღ ⊹⊱ £ονё & βLёss уoц ⊰⊹ ღ.。*゚

thank you.

i love you.